12020系

●概要
東大阪線の5500系の置き換えを目的に製造した車両。4両編成とした他、12000系と比べコストダウンを図り、大量増備に向いた設計とした。
●諸元
形式 12120形(M1)、12220形(M1)、
   12620形(Tc')、12720形(Tc)
編成 4両編成
製造 2019年〜製造中
営業最高速度 110km/h
設計最高速度 130km//h
起動加速度 2.5km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
    4.2km/h/s(非常)
最大寸法 長さ 18880mm
     幅 2800mm
     高さ 4067mm
車体材質 軽量ステンレス
主電動機 全密閉式かご形三相誘導電動機
     MB-5158-A
出力 180kW×4基/両
駆動装置 TD平行カルダン
制御装置 VVVFインバータ制御
     MAP-184-15V270
台車 ボルスタ付モノリンク台車
   FS-579M・FS-579T
制動装置 MBSA
     回生併用全電気指令式空気制動
     抑速制動
保安装置 京阪神型ATS
●配置区所
四条畷車庫
●運用範囲 
東大阪線(森ノ宮〜奈良)
四条畷線(四条畷〜桜ノ宮)
天満橋線(蒲生〜天満橋)
額田線(住道〜額田)
神戸線(梅田〜湊川)
地原急行電鉄本線(奈良〜篠宮)
地原急行電鉄佳野線(地原中央〜佳野)

2018年、東大阪線の5500系の置き換え用として製造された。
地原線との相互直通運転を開始した2018年5月の時点で、東大阪線で同じく地原線対応となった5500系は、定速制御を採用していた為に他系列と混結ができず、常に6両固定編成で使用されていた。しかし、これは地原急行線との直通運転では使いづらい車両となってしまい、又セミステンレスを採用してる為に老朽化が進行していることなどから早急な置き換えが必要であった。そこで、新型車両を追加で製造することにしたが、12000系は2両編成を前提とした車両となっていた為、新たに4両編成の車両を設計することになった。合わせて一部設計の変更も行ったのが12020系である。
車体は12000系をベースとしつつも変更を加えた。前面は切妻とし、灯具類を全て上部に固めた。側面は基本的に12000系と同一である。妻窓は廃止となった。車内は基本的に12000系と同一としたが、照明はこれまでのカバー付きから間接照明とした。下回りは基本的には12000系をベースとしたが、基本編成が4両編成か6両編成となる為、電動車を中間車に配置し、先頭車を制御車とすることで先頭車の設計の共通化を図り、コストダウンを図った。又、12000系同様、ブレーキの読み替え装置を搭載しており、電磁直通ブレーキの車両と併結が可能となっている。
2019年にまず4両編成3本が竣工し、5500系6両編成2本を置き換えた。
2020年以降は、計画を一部変更し、12020系の4両編成を継続して投入し、7000系を6両編成と2両に組み替えた上で5500系と宝塚線の5000系セミステンレス車を置き換えていく方針に変更した。